楽工社
 
出版物一覧へ
 
 
トンデモ偽史の世界
著:原田実 
刊行日 2008/9/1
四六判(188o×130o)ソフトカバー。336ページ。
本文1色刷。
ISBN978-4-903063-24-9 C0095
定価(本体1800円+税)

 

概要
珍説・奇説のオンパレード!
モアイは古代日本人が造った? シェイクスピアは実在しない? 邪馬台国四国説、謎の台湾アルファベットなどなど、世界と日本の「偽史(ぎし)」にあふれる奇説の真相に迫る。

著者略歴
原田実(はらだ・みのる)
1961年生まれ。歴史研究家。龍谷大学卒業後、1984年から3年半、八幡書店(出版社)に勤務。古史古伝・霊学書籍の広告を担当。その後、広島大学研究生、昭和薬科大学文化史・心理学研究室助手(1990〜93年)を経て、歴史研究・執筆活動に入る。またそのかたわらで「市民の古代研究会」代表を務める(2001年〜02年)。古代史・偽史・サブカルチャー関係の論考多数。
著書に、『と学会レポート 日本霊能史講座』『日本化け物史講座』(楽工社)など。

目次
まえがき 3

◆序章

●偽作者と享受者 12
偽書作りへの衝動 14
コンスタンティヌス帝寄進状とチャタトン偽書 17
偽書としての白話小説 18
職業的偽作者――シモニデスの例―― 20
職業的偽作者――リュカの例―― 22
需要と供給 26
『ウラ・リンダの書』 27
偽史運動としてのナチズム 30

◆第一章 世界の偽史

●イースター島と「海賦」 34
イースター島の謎 34
ヘイエルダールの実験 37
モアイの建造者は日本人? 40
天皇家はイースター島から来た? 42
喬山の帝像 48
倭人はコンドルを見たか? 51
「毛翼」はコンドルに非ず 53
イースター島はかつて無人島だった 57
なぜ「謎の島」となったのか 60

●偽化石と遺跡騒動 64
出土品偽作は中世以前から 64
ベリンゲル教授の偽化石 65
ドーソンと「ピルトダウン人」事件 68
「ピルトダウン人」の意義 71
東北弁のフガフガ老爺 77
「笠石」は遺跡か? 78

●美し国フォルモサ何処 83
奇書『台湾誌』 83
社交界の寵児 86
フォルモサ語と日本語 90
知られざる島・台湾 94
国姓爺とメリアンダーノ 98
栄光と没落 101

●偽史と陰謀 107
「偽史シンジケート」の怪 107
ユダヤ陰謀論の背景 110
『シオンの議定書』 116
『シオンの議定書』成立史 118
自らの影に脅える陰謀論者 123

●古朝鮮問題 128
植民地支配の傷跡 128
韓国・北朝鮮学界の古朝鮮解釈 130
檀君実在説の狂気と錯誤 134
韓国在野史学の勃興 138
在野史学者の日本史研究 140
未来の超大国・韓
国 144
偽史シンジケート 146 『桓檀古記』海を渡る 148
古代史論争の終焉と傷跡 149
古代史論争の原因は日本にあり!? 153

◆第二章 日本の偽史

●「ニセ天皇」興亡史 158
ある「拝謁」 158
戦前からの熊沢天皇 160
憲法改正より皇居を遷せ! 164

●日本史のブラックホール・四国 168
阿波邪馬壱国説 168
『高天原は阿波だった』 170
聖徳太子も阿波にいた? 172
その他の四国説 174
邪馬台国四国山上説 177
不毛なる論争 179
聖櫃は四国にあり? 183
ソロモンの財宝 188
剣山に来たユダヤ人? 189
日本民族フェニキア起源説の諸相 193
ソロモン秘宝伝説の復活 198
忌部氏の伝承 200
その他のソロモン秘宝説 203
邪馬台国とソロモン秘宝の共通性 204

●前期旧石器遺跡偽造事件 208
青天の霹靂 208
旧石器時代研究は誤認の繰り返し 212
相沢忠洋賞取り消し 214
グローゼル遺跡とピルトダウン人 215
石器の年代鑑定は困難 218
レヴィ・ストロースの影響 220
幻の「明石原人」 224
前期旧石器探索の迷路 228
論文審査システムの倒錯 234
国際的信用の失墜 237
風化する前期旧石器遺跡偽造事件 241

◆第三章 世界まぼろし偉人伝

●山田長政伝説 244

●シェイクスピアの秘密 260

●アーサー王は実在した? 286

●改竄された好太王碑文 295

◆終章

●現代日本の偽史運動 312
『地球ロマン』『迷宮』の時代 312
ドラゴン将軍の咆哮 317
八幡書店の時代 322
オウム真理教の台頭 324
「事件」から「歴史」に 329

◆初出一覧 332

ページトップへ    
Copyright (c) Rakkousha, Inc.