楽工社
 
出版物一覧へ
 
 
『幻想の古代史 下』
著:ケネス・L・フィーダー
訳:福岡洋一
刊行日 2009/11/02
四六判(188o×130o)ハードカバー。344ページ。本文1色刷。
ISBN978-4-903063-38-6 C0020
定価(本体2400円+税)

 

概要
日本考古学協会会長/早稲田大学教授・菊池徹夫氏推薦。
「原書は欧米の大学で考古学の学生を中心に広く読まれ6版を重ねる。著者は考古学における疑似科学の例をあげ批判。考古学は自然科学も応用しつつ未知の過去世界の謎とロマンに通ずるため、エセや詐欺とも隣り合わせだ。
本書では、例の旧石器遺跡捏造事件も扱われており、『とんでも』好きには必見、一般向けには読み物として推奨でき、また学生には必読書である」

ノアの方舟実在説、ツタンカーメンの呪い、 アトランティス大陸伝説などの疑似科学的主張を批判的に検証しつつ、科学的な手法による古代史像を提示する。図版160点収録。

 

著者略歴
ケネス・L・フィーダー(Kenneth L. Feder)
セントラル・コネティカット州立大学人類学部教授。1982年にコネティカット大学で人類学の博士号を取得、現在はニューイングランドの考古学を中心に研究。ファーミントン川考古学プロジェクトを設立してコネティカット州中北部で調査を進めているほか、一般の人々が人類の過去をどのように理解しているかを分析することにも興味を持つ。
著書に、
Linking to the Past: A Brief Introduction to Archaeology
The Past in Perspective: An Introduction to Human Prehistory
Human Antiquity: An Introduction to Physical Anthropology and Archaeology(共著)。

原著
FRAUDS, MYTHS, AND MYSTERIES: Science and Pseudoscience in Archaeology, McGraw-Hill, 2008

訳者略歴
福岡洋一(ふくおか・よういち) 
1955年生まれ。大阪大学文学部卒(英語学)。翻訳者。
訳書に、『ビーイング・デジタル』(アスキー)、『「複雑系」を超えて』(アスキー、共訳)、『古代文明の謎はどこまで解けたか T〜V』(太田出版)、『懐疑論者の事典 (上下)』(楽工社、共訳)など。

 

目次
●第七章 ロスト――失われた大陸 11
アトランティスはどこに? 13
アトランティス――伝説の源泉 15
『ティマイオス』/『クリティアス』/『ティマイオス』と『クリティアス』の源流と意味/アトランティスを思いついたのは誰か/プラトンは物語の細部をどこから得たのか――ミノア文明
プラトン以後 35
イグネイシャス・ダンリー――ミネソタ州選出の下院議員/ダンリー以後のアトランティス
現在の観点から――アトランティス 54
古代ギリシア/大西洋に残る考古学的証拠――ビミニ島の壁/大西洋の地質学
よくある質問 60
参考になるウェブサイト 61
批判的に考えるための練習問題 62

●第八章 先史時代のE.T.――「古代の宇宙飛行士」幻想 63
火の戦車に乗った神々 64
「インクのしみ」仮説/「好色な宇宙飛行士」仮説/「われらの祖先は愚かだった」仮説 /地球外知的生命体のカレンダー?/太平洋にも地球外知的生命体がきていた?/本当の謎 
火星の考古学 91
現在の観点から――フォン・デニケン現象 99
よくある質問 102
参考になるウェブサイト 105
批判的に考えるための練習問題 106

●第九章 謎に包まれたエジプト 109
人間はいつ、そんなに頭が良くなったのか 110
古代エジプト 116
ピラミッドはどのようにして建設されたか?/ツタンカーメン
ボスニアにピラミッドがある? 146
現在の観点から――ピラミッドの秘密 150
よくある質問 155
参考になるウェブサイト 157
批判的に考えるための練習問題 158

●第十章 グッド・バイブレーションズ――超能力者とダウザー 159
サイキック考古学 165
サイキック考古学のルーツ/超能力による遺跡探し/サイキック発掘/サイキックによる文化の再構成/サイキック考古学への評決/ダウジングは有効か?/ダウザーたちを検証する 
現在の観点から――土を掘り返さない考古学 182
よくある質問 185
参考になるウェブサイト 189
批判的に考えるための練習問題 190

●第十一章 古い宗教とニューエイジのビジョン 191
創造論 192
ノアの方舟/時間の中の足跡/アニマトロニクスで創造論を宣伝する博物館/キリスト教根本主義以外の創造論
トリノの聖骸布 224
聖骸布の検証
エルサレムの骨箱 238
ニューエイジ運動家にとっての先史時代 242
現在の観点から――新旧の宗教について 246
よくある質問 249
参考になるウェブサイト 250
批判的に考えるための練習問題 252

●第十二章 本当の過去、真の謎 253
ヨーロッパの洞窟に壁画を残した人々 254
洞窟壁画をどう説明するか
マヤ文明 261
マヤ文明をどう説明するか/マヤ文明の崩壊は謎なのか?
ストーンヘンジ 270
ストーンヘンジ/ミステリー・サークル/古代の天文学?/ストーンヘンジはなぜ造られたのか 
結論――われわれにふさわしい過去 287
よくある質問 289
参考になるウェブサイト 290
批判的に考えるための練習問題 292
参考文献/邦訳文献 317
索引 342

ページトップへ    
Copyright (c) Rakkousha, Inc.