楽工社
 
出版物一覧へ
 
 
『ニセ科学を10倍楽しむ本』
著:山本弘
刊行日 2010/2/27
A5判(210o×148o)ソフトカバー。330ページ。本文1色刷。
ISBN978-4-903063-41-6 C0095
定価(本体1900円+税)

 

概要
ニセ科学がこれ1冊でわかる!
「水からの伝言」「ゲーム脳」「脳トレ」「地震雲」「2012年地球滅亡説」「アポロ陰謀論」……。
まことしやかに伝わる科学っぽいデマの、どこが間違っているかを、楽しみながら学んじゃおう!
小説仕立て+ルビ付きで、大人も子供も楽しく読める。

著者略歴
山本弘(やまもと・ひろし)
SF作家・と学会会長。科学とトンデモをこよなく愛する。小説の代表作は『神は沈黙せず』『アイの物語』『詩羽のいる街』(角川書店)、『地球移動作戦』(早川書房)、『MM9』(東京創元社)、『去年はいい年になるだろう』(PHP)など。
小説家としての活動と並行して「トンデモ本の世界」シリーズ、『”環境問題のウソ”のウソ』(楽工社)などのノンフィクション作品も多数執筆。

 

目次
まえがき――ニセ科学を楽しく学ぼう 3

登場人物 4

● 第1章 水は字が読める?
夕帆ちゃんの疑問 10
『水からの伝言』に感動する人たち 12
先生たちまで信じちゃった! 15
科学者はみんな否定する 17
肩書きにだまされないで 19
正体は「気相成長」だった 22
とがる氷の謎 24
きれいな結晶ができる条件 26
結晶の形はバラバラ 28
たくさんの写真から選んでいた! 30
ごはんに声かけ実験 33
MRAってどんな機械? 36
まちがいだらけのMRA 37
おかしなコード表 39
実はウソ発見器だった 41
問題になった『波動水』 43
腐敗と発酵、どうちがう? 45
「ばかやろう」は本当に悪い言葉? 48
言葉に良いも悪いもない 50
道徳の根拠を科学に求めてはいけない 51
何が道徳的なことなのか 53

● 第2章 ゲームをやりすぎると「ゲーム脳」になる?
おばあちゃんの心配 58
学校に入ってきたゲーム脳 59
専門家からの批判が続出 61
おかしな測定装置 62
脳波の計り方がデタラメ 64
基本的な知識が怪しい 66
実は「ベータ波」じゃなかった? 68
ずさんな実験方法 71
ゲーム脳人間ってどんな人? 73
これってロールプレイングゲーム? 75
最近の子供はキレやすい? 77
昔の子供のほうが荒れていた! 79
日本は安全な国だった! 82
いいかげんなゲーム報道 83
非行に走るのは誰のせい? 85
暴力ゲームは禁止すべき? 87
未知のものを恐れる心理 89
脳を良くするゲーム? 91
脳トレもニセ科学 92
何が脳にいいことなのか? 94

● 第3章 有害食品、買ってはいけない?
中国産食品は危険? 98
ニュースにだまされるな 101
毒入りギョーザの衝撃 103
有害物質の基準値はどうやって決める? 104
メタミドホスはどれぐらい危険? 107
1ppmはものすごく薄い 108
1日に720kgのおせんべいを食べる? 110
安全な食品が捨てられる 113
しょうゆを飲むと病気になる? 115
ベストセラー『買ってはいけない』の問題点 117
お酒にふくまれる有害物質とは? 118
虫よけスプレーはしょうゆより安全 120
すべての物質は毒である 122
買っていいものが何もなくなる! 123
まだまだあるまちがい 125
フードファディズムに気をつけよう 129

● 第4章 血液型で性格がわかる?
AB型の人は信用できない? 134
やっぱり嫌われているAB型 136
パパの実験 139
万能のバーナム効果 143
ラベルにまどわされてしまう 145
サイコロはイカサマだろうか? 147
統計のかたよりを調査する 149
A型は物事にこだわるタイプ? 152
科学者はみんな否定する 153
戦前の血液型ブーム 155
能見説の登場 158
仙人みたいな人が数百万人? 160
意味のないデータの集まり 162
注意! それは差別です 164
“嫌血液型権”を主張しよう 166

● 第5章 動物や雲が地震を予知する?
犬が地震を予知した? 170
動物の持つすごい「超能力」 172
それは本当に予知なのか? 173
“異常な行動”って何だろう? 175
どうすれば証明できる? 178
データを集めるのは大変 180
地震雲はあるのか? 181
現代人は空を見ない 183
地震雲とまちがえられる雲いろいろ 186
たくさん撮られている“地震雲” 188

● 第6章 2012年、地球は滅亡する?
人類滅亡本、流行中 192
フォトン・ベルトを調べてみたら…… 194
国立天文台の回答 196
反地球が存在しないわけ 198
デタラメだらけのフォトン・ベルト 201
フォトンはただの「光」 203
女子大生の言い出した話 206
マヤ暦の数え方 209
世界の滅亡は予言されていない 211
惑星ニビルの幻 213
太陽活動ははげしくならない? 215
ノストラダムス・ブームをふりかえる 216
「恐怖の大王」の候補がいっぱい 219
終末予言を信じるこりない人たち 221

● 第7章 アポロは月に行っていない?
プールサイドでの会話 228
疑惑だらけの月面映像 229
アポロは本当に月に行ったのか? 232
中学生でも調べられる 234
夕帆ちゃんの研究成果 236
疑問@ 月の空に星が写っていない 237
疑問A 太陽が当たっていない部分が明るく写っている 241
疑問B 影の向きがおかしい 242
疑問C 旗が風でゆれている 243
疑問D 失敗した写真がない 244
疑問E 月面の高温でフィルムはダメにならないか 246
疑問F どうやってアームストロングを後ろから撮ったか 247
疑問G だれがビデオを撮影していたか 248
疑問H なぜぶっつけ本番で成功したのか 249
疑問I 小さすぎる着陸船 250
疑問J 飛行士は放射能帯で死なないのか 252
疑問K 月の石の研究結果は発表されていない 254
疑問L なぜもう一度行けないのか 256
アポロが月に行った証拠 257
『Operation Lune』のトリック 259
実は冗談番組だった 262
メディア・リテラシーを育てよう 263

● 第8章 こんなにあるぞ、ニセ科学
日本はニセ科学だらけ 270
マイナスイオン・ブームの終わり 271
ゲルマニウムとトルマリン 273
永久機関ができないわけ 275
「フリーエネルギー」でもうける人たち 277
「水で走る自動車」の謎 279
ホメオパシーはただの水 281
否定されても信じる人たち 282
信じれば病気も治る? 284
現代医学を否定するのは危険 286
「相対性理論はまちがっている」と言う人たち 288
正しいことは証明ずみ 290
携帯電話と相対論のふしぎな関係 292
9.11テロはアメリカの自作自演? 294
どれぐらいの爆薬が必要? 295
ひきょうなトリックを使う陰謀論者 297
陰謀論者はまちがいを認めない 300
人類と恐竜はいっしょに暮らしていた? 302
大洪水はあったのか? 305
目に盲点があるわけ 306
証拠があっても「ない」と言う 308
しぶとい創造論者たち 310
進化論と信仰は両立できる 313
まだあるニセ科学 315

● エピローグ 疑う心を大切に
@話の出どころを確認する 321
A誰が言っているのかを調べる 321
Bキーワードに注目する 322
C反論に目を通す 322
D数字に注目する 323
E理屈で考える 323
F実験をやってみる 323
G自分の目を疑う 324
H願望と事実を区別する 324
I正しい科学知識を身につける 325

● ニセ科学ガイド〜あとがきに代えて〜 326

ページトップへ    
Copyright (c) Rakkousha, Inc.