楽工社
 
出版物一覧へ
 
 
『今この世界を生きているあなたのためのサイエンス U』
著:リチャード・ムラー
訳:二階堂行彦
刊行日 2010/9/2
四六判(188o×130o)ハードカバー。224ページ。 本文1色刷。
ISBN978-4-903063-46-1 C0098
定価(本体1429円+税)

 

概要
カリフォルニア大学バークレー校「学生が選んだベスト講義」!

・「もうじき石油が枯渇する」は本当か?
・北朝鮮の核開発はどこまで進んでいるのか?
・「クリーンで安全な原発」はつくれるのか?
・快適な生活と地球温暖化対策を両立する方法とは?
・科学的にみて、将来性のあるテクノロジーはどれか?
・2100年に世界人口が100億になったとしても、エネルギー効率を年2〜3%アップしていくことで、全人類が欧州水準で生活できる!

エネルギー問題、テロリズム、地球温暖化など、地球上に住む誰もが無関係ではいられない問題を取り上げ、最新科学に基づいて要点と展望を解説。
インターネットで公開され世界中の人々から大反響を呼んだ、名講義の日本語版。

「著者まえがき」より
あなたは、科学と聞くと、しり込みしてしまうほうでしょうか。ハイテクの話になると、途方に暮れたりすることはありますか。今日では、多くの重要な決定にハイテクがかかわっています。太陽エネルギーや、石炭からガソリンをつくる方法について知らなければ、自分たちの国をクリーンエネルギーの未来に導くことはできません。
本書では、知っておくべき最先端の科学を取り上げています。数学は省略しましょう。基本原理を理解してしまえば、もう二度とハイテクをこわがる必要はありません。
その緊急性と、エネルギー問題に直結する点を考慮して、まずテロリズムを取り上げます。二番目のテーマはエネルギー問題です。エネルギーと関連するのが、三番目のテーマの、原子力の問題です。四番目に宇宙と衛星。そして最後に、地球温暖化を取り上げましょう。地球温暖化に関しては、デマも広く流布されています。そうした間違いは間違いとして切り捨てる必要があります。
  ときには理解しにくいことにぶつかるかもしれませんが、考えすぎないでください。飛び込んでみて、試行錯誤しながら、その中を泳ぎ進み――そして何より――楽しんでください。

著者紹介
リチャード・A・ムラー(Richard A. Muller)
カリフォルニア大学バークレー校の物理学教授。マッカーサー・フェロー賞(別名「天才賞」)の受賞者。政府の筆頭顧問を長年務める。米国国会が全米科学アカデミーに要請して行われた地球温暖化の証拠の見直し作業においては、見直しを第三者として審査する審査官を務めた。また、米国PBS(公共放送サービス)や英国BBC放送の多くの特別番組やドキュメンタリーに専門家として出演している。
本書は、著者が文科系学生を対象に行っている有名な講義(学生の投票によって決まる「バークレー校のベスト講義」に選ばれた)をベースにしたもの。なお、著者の講義の様子は大学によってWEBで無料公開され、YouTubeなどで誰でも視聴できる。世界中の人々がこれを見て、著者のもとにはこれまでに87ヵ国にも及ぶ国の人々からの反響が寄せられている。

原著
Physics for future presidents: the science behind the headlines, Norton, 2008

訳者紹介
二階堂行彦(にかいどう・ゆきひこ)
翻訳家。主な訳書に『Webアプリケーション開発教本:PHP and MySQL編』、『最新ロボット工学概論』(以上、センゲージ・ラーニング)、キティ・ファーガソン『光の牢獄――ブラックホール』(ニュートンプレス)、『スーパーヒューマン――人体に潜む驚異のパワー』、ダイアン・アッカーマン『いのちの電話――絶望の淵で見た希望の光』(以上、清流出版)などがある。

 

目次
●第四講 宇宙空間の利用 
16 衛星の基礎知識@ 
*無重量とはどんな状態か? 
*軌道に乗るとはどういうことか? 
*軌道を回っている宇宙飛行士は「永久落下状態」にある 
*大気の抵抗──軌道に乗る/はずれる際の重大要素 
*三種類の衛星軌道──LEO、GEO、MEO 

17 衛星の基礎知識A 
*GPS衛星はMEO(地球中高度衛星)の一種 
*偵察衛星──高解像度を求めるならLEO(低軌道)になる。
  「自動車のナンバーを読みとれる」はウソ 
*偵察衛星──低軌道なので撮影時間は一〜二分。
  この時間をねらってカムフラージュ工作が行われる 
*偵察衛星──地球の自転で目標物がずれる問題も。
  「衛星による地球全体の監視」は都市伝説 
*ロケット──九六パーセントのエネルギーを無駄にする
  非効率な乗り物 
*ロケットの代替案──宇宙エレベーターはめど立たず。
  秒速八キロを超える飛行機は開発中 

18 重力を応用したテクノロジー 
*重力とは?──万物にはたらく力。物体の質量に比例して増大する 
*重力加速度とは?──万物にはたらく加速させる力。
  一gの加速度→一秒ごとに時速三五キロずつ物体を加速させる 
*重力を利用して、氷や石油や隠れたクレーターや
  秘密のトンネルを探すことができる 

19 人類の宇宙進出 
*スペースシャトルは危険な乗り物。一〇〇回のうち二回しか
  死亡事故が起きていないことが驚異 
*NASAのPR活動に目を曇らされてはならない 
*有人シャトルはコスト高で科学研究に適してもいない。
  シャトル使用のゴリ押しが科学の発展を阻害している面も 
*コスト安の無人機で十分。この二〇年間の宇宙計画の成果は、
  無人機によるもの 
*有人飛行はコスト低減をし安全性を高めてからにすべき 
*シャトルを安全にすることはできない。二%の確率で
  人命を犠牲にする価値があるのか再考すべき 

20 不可視光線による監視 
*赤外線放射──熱で電子がふるえ、
  電子のふるえで生じた波が赤外線になる 
*赤外線五〇ワット(電球並み)を人体は放射している。
  アフガンの雪山でのビン・ラディン捜索でもこれが利用された 
*赤外線探知衛星──赤外線放射量から地球の表面温度などを測定。
  ハリケーンなどの気象変動を予測する 
*赤外線暗視装置──アメリカ軍における活用の実例 
*赤外線を放射する物体を追跡するスティンガー・ミサイル 
*レーダーの原理と応用 
*レーダーから身を隠す技術──ステルス 
*レーダー・イメージング──
  撮影や武器発見用途への応用も可能 
*X線の原理と応用技術 

●第五講 地球温暖化 
21 温室効果 
*温室効果自体は生物の生存に必要。問題は二酸化炭素などに
  妨げられて地球外への熱放出がされにくくなっていること 
*二酸化炭素とは何か? 
  実際、どの程度増加しているのか? 
*温暖化をコンピュータで計算する──
  現象が複雑なため計算は不確実なものに 
*温暖化の原因が人間の活動である可能性は九〇パーセント 
*二酸化炭素増大によるもう一つの危険──
  海水の酸性化による海洋生物への悪影響 
*温暖化と混同されがちな別の問題──オゾンホール 

22 証拠@ 
*ショッキングな映像を流し、温暖化と無理矢理関連づけるのは、
  科学ではない 
*一般の人々が「知っている」ことの多くは
  歪曲、誇張、「ためにする説」に根ざしている 
*事実を誇張した政治家と科学者が信用を失った実例 
*証拠がウソだったからといって、
  温暖化そのものがウソということにはならない 
*歪曲──南極の氷の融解を温暖化の証拠とする人々は、
  事実をゆがめている 
*歪曲──温暖化でハリケーンの被害額が増大しているとの主張も、
  事実をゆがめている 
*歪曲──『不都合な真実』で取り上げられた死んだシロクマも、
  事実をゆがめた例 
*誇張──ハリケーンの増加を温暖化の証拠とする主張は、
  科学的ではない 

23 証拠A 
*ためにする説──温暖化最大の根拠とされていた
  ホッケースティック曲線のデータは極端に偏っていた 
*『不都合な真実』のCO2増大グラフのトリック──
  原因と結果が逆に見えてしまう 
*『不都合な真実』はプロパガンダであり、科学ではない 

24 役に立たない解決策 
*一般に有効と信じられている方法の多くが、
  解決策になりえない 
*水素の活用──超軽量自動車の実現・普及などがない限り、
  解決策にはならない 
*水素はそもそもエネルギー「源」ではない。
  水素をつくるために別のエネルギーが必要 
*電気自動車──根本的な問題はバッテリー。
  エネルギー貯蔵率がガソリンの約三〇分の一しかない 
*電気自動車──コスト節減になるというのもまやかし。
  安全で質の高いバッテリーは高くつく 
*プリウスもバッテリーの限界には勝てない 
*電気自動車──コスト安で信頼性が高い鉛酸バッテリーも、
  エネルギー貯蔵率が悪すぎる 
*核融合──今後二〇年間は商業融合炉が実現する見込みはない 
*太陽エネルギー──現在のテクノロジーのレベルでは、
  コストが高くつきすぎる 
*リサイクル──新聞紙再生や生分解性プラスチックの利用は、
  むしろやめたほうがよい 
*京都議定書──解決策にならない。
  中国・インドなどの途上国に実行可能な策が必要 

25 誰にでも実行可能な解決法@ 
*「快適な省エネ」の推進を 
*冷蔵庫の省エネ化とその普及によって、
  実際に膨大な省エネを実行できている 
*電球型蛍光灯に変換すると使用電気量は四分の一に 
*赤外線を反射するペンキを建物・車・街路に使用して
  ヒートアイランド化を防ぐ 
 
26 誰にでも実行可能な解決法A 
*七〇年代の石油危機のとき、
  アメリカでは一年に四%ずつ省エネ率が向上した 
*いまから年二%の省エネ率向上を続ければ、五五年後には
  いまの三分の一で同じ生産が可能になる 
*懸案の世界人口の増加も九〇億〜一〇〇億でピークに。
  以後は徐々に減っていく 
*二一〇〇年に世界人口が一〇〇億になっても、
  年二%の省エネ率向上で全世界が欧州の生活水準で暮らせる 
*エネルギー使用量の増大分を勘案しても、
  年三%の省エネ率向上でまかなえる 
*自動車の効率向上──いまの車は過去の時代の遺物 
*効率向上のためにハイブリッド車の性能アップと普及を 
*効率向上のために軽量化を 
*ハイブリッド車が将来の主流になる。ただこれだけでは
  CO2問題の解決にはならない 

27 新しいテクノロジー 
*CO2増大対策の第一の柱は省エネ。第二の柱が新テクノロジー 
*バイオ燃料──サトウキビ原料のエタノールは、
  トウモロコシ原料のエタノールよりずっと環境にいい 
*バイオ燃料──エタノールはガソリン代わりに使える。
  とくにミスカンザスという植物が有望 
*太陽光集光装置──コスト低減が問題だが、
  高効率電池やCIGS電池などが有望 
*安全な原子力発電所──ペブルベッド原子炉が有望 
*クリーンな石炭発電──
  二酸化炭素回収・貯留(CCS)技術が有望 
*クリーンな石炭発電──
  ガス化複合発電(IGCC)技術も有望 
*炭素クレジット──問題はあるが有効 
*再生可能エネルギー──地熱、風力などの可能性 
*楽観は許されないが、最大の敵は悲観的になりすぎること 

T巻 目次
●第一講 テロリズム
1 九・一一事件──何が起きたのか?
2 テロリストと核兵器
3 バイオ・テロ

●第二講 エネルギー問題
4 エネルギー問題の知られざる真実@
5 エネルギー問題の知られざる真実A
6 太陽エネルギー
7 石油の終焉?

●第三講 原子力
8 放射線の基礎知識
9 放射性物質の基礎知識
10 核兵器を知る@
11 核兵器を知るA
12 原子力@
13 原子力A
14 核廃棄物
15 核融合制御


ページトップへ    
Copyright (c) Rakkousha, Inc.