楽工社
 
出版物一覧へ
 
 
『女子大生マイの特許ファイル』
著:稲森 謙太郎 (弁理士/科学技術ジャーナリスト)
刊行日 2010/12/3
四六並(188×130)ソフトカバー。352ページ。 本文1色刷。
ISBN978-4-903063-47-8 C0032
定価(本体1800円+税)

楽しくわかる

特許入門ノベルス!

 

「特許」という言葉は知っているけれど、具体的なことは全然わからない…。

そんな方でも本書を読めば、特許の全体像がわかります!
「特許って、そういうことだったのか!」と、納得することでしょう。

さあ、マイさんと一緒に、特許について学びましょう。

大学3年生のマイは特許事務所でアルバイト中。マイの仕事は「個性的な特許を見つけること!」 仕事を通じてマイは「特許とは何か?」を学んでいく……。
ビートたけし、大前研一、孫正義、ホリエモンの発明や、話題のiPS細胞特許も登場。

素朴な疑問もすっきり解決:
・そもそも特許って何? 「特許」と認められる条件は?
・特許を取るのにいくらかかる? 手続はどうする?
・日本だけでなく世界で特許を取るには?
・自分の特許を侵害されたら、どうすればいい?

 

著者紹介

稲森謙太郎(いなもり・けんたろう)
1970年東京都生まれ。弁理士資格を持つ科学技術ジャーナリスト。米国公認会計士でもある。横浜国立大学大学院工学研究科博士前期課程修了(工学修士)。大手電気機器メーカーに入社し、ソフトウェア関連発明の権利化業務、新規事業領域における戦略的提携の立案、グローバル研究開発の企画推進などに携わる。2001年から2008年にかけて米国カリフォルニア州(シリコンバレー及びロサンゼルス近郊)に居住。執筆活動のほか、大阪大学や立命館大学にて講演を行うなど、技術・法律・会計・語学の知識を生かして活躍している。弁理士試験・米国公認会計士試験ともに、わずか1年半の学習で最終合格した難関試験突破の達人でもある。趣味は海外旅行で、今までの訪問国は約70ヶ国。著作に『知られざる特殊特許の世界』(太田出版)、『勝手に使うな!知的所有権のトンデモ話』(講談社+α新書)がある。

 

目次

● まえがき
● 登場人物
● プロローグ
● 本書を読む前に
● 1章 マイ、「発明とは何か」を知る

ファイル01 
・三洋電機がなぜ? 老人ホームの運営法は発明なのか?(発明の話)
・もう少し詳しく ビジネスモデル特許とは
column 知的財産権とは
column 特許庁における審査の流れ
column 「発明」に該当しないもの

● 2章 マイ、「どんな発明が特許になるのか」を知る

ファイル02 
・大スケール! 新潟大学の地球温暖化防止法は実現できるのか?(産業上利用性の話@)
・ もう少し詳しく 実際上、明らかに実施できない発明について

ファイル03 
話題のiPS細胞を使った再生医療は特許されるのか?(産業上利用性の話A)
もう少し詳しく 医療技術と特許
column 出願の分割とは

ファイル04 
・四〇年前から使われているスーパー漢方薬は特許になるのか?(新規性の話)
・ もう少し詳しく 新規性と新規性喪失の例外について
  
ファイル05 
・孫正義の発明したゴルフ特訓マシーンはそんなにスゴいのか?(進歩性の話@)
・もう少し詳しく 意見書と手続補正書について

ファイル06 
・"国策審査"で潰された? ホリエモンのエラー画面を広告にする方法(進歩性の話A)
・もう少し詳しく 進歩性の判断基準

ファイル07 
・悪徳商法も特許になるのか? あの「円天」が特許出願されていた!(公序良俗違反の話)
・もう少し詳しく 公序良俗違反の具体例
column 先願主義とは

●3章 マイ、「特許を受けられる者」について知る

ファイル08 
ビートたけしと所ジョージがゴルフクラブ作りでタッグを組んだ!?(共同発明の話@)
もう少し詳しく 出願の変更とは

ファイル09 
主婦に大人気! レミパン完成までの長い道のり(共同発明の話A)
もう少し詳しく 特許を受ける権利とは

ファイル10 
二〇世紀最後の大発明・青色LEDの特許は誰のもの?(職務発明の話)
もう少し詳しく 相当の対価の算定方法

●4章 マイ、「特許情報の調査」について知る

ファイル11 
・ 菅総理大臣発明のマージャン点数計算機の公報はどう探す?(公報と調査の話)
・もう少し詳しく 弁理士・菅直人とは

●5章 マイ、「出願から登録まで」について知る

ファイル12 
・きちんと作ることができるの? 学級崩壊を防止できるネズミ(出願書類の話)
・もう少し詳しく 実施可能要件について
column 出願書類の記載要件について

ファイル13 
・何度も補正して特許になったドクター中松のウデンワの秘密(補正の話)
column ドクター中松について

ファイル14 
・人類の夢・永久機関の特許化を諦めない人々(拒絶査定後の話)
・もう少し詳しく 審決取消訴訟とは
column 特許権の設定登録について
●6章 マイ、「特許権の成立後」について知る

 ファイル15
・究極の特許!? 最短文字数の請求項はどれ?(特許権の効力の話)
・もう少し詳しく 特許権の共有とは
column 特許権の侵害について
column 特許権の活用について

 ファイル16 
・アース製薬vsフマキラー 特許バトルのゆくえ(無効審判の話)
・もう少し詳しく 特許権の侵害だと警告されたら

●7章 マイ、「外国でも特許を取る方法」を知る

 ファイル17 
・大前研一発案! 遠隔教育の国際スタンダードをめざすのか?(条約の話)
・もう少し詳しく 国内優先権とは
●エピローグ
●巻末資料
●おことわり
●主要参考文献
●あとがき



ページトップへ    
Copyright (c) Rakkousha, Inc.