楽工社
 
出版物一覧へ
 
 
『懐疑論者の事典 下』
著:ロバート・T・キャロル
日本語版編集委員:小内亨・菊池聡・菊池誠・高橋昌一郎・皆神龍太郎
訳:小久保温・高橋信夫・長澤裕・福岡洋一
刊行日 2008/10/02
A5判(210o×148o)ソフトカバー。474ページ。本文1色刷。
ISBN978-4-903063-13-3 C0095
定価(本体3500円+税)

 

概要
宮崎哲弥氏、推薦
「スピリチュアル、占い、陰謀論、心理セラピー、代替医療……。「それ」を信じる前に本書を手に取って調べて欲しい。あなたは知るだろう。「それ」がすでに語り古された、陳腐な「物語」に過ぎないことを」
ニセ健康情報・疑似科学・オカルト・都市伝説などを科学的見地から懐疑的に分析・解説。本当かな? と思ったらまず参照してほしい、世界的に定評ある事典の日本語版。

著者略歴
ロバート・トッド・キャロル(Robert Todd Carroll) 
1945年、カリフォルニア州サンディエゴ生まれ。ESPの実在を疑わず、パンやぶどう酒がイエス・キリストの肉体や血と化すのも当然と思うビリーバー(信じ込んでいる人)だったが、のちに懐疑論者に転向。1974年、カリフォルニア大学サンディエゴ校で博士号を取得。1977年より、サクラメント市立大学の哲学科教官となり、2007年5月に退職、現在は同大学の名誉教授。
1992年に「懐疑論者の事典」(http://skepdic.com)を開設。開設当初は50項目足らずのサイトだったが、その後、評価が高まるとともに拡大発展、現在では項目数500項目以上、月間訪問者数が100万を超える「世界の懐疑論者のオアシス」となっている。弊社刊の『懐疑論者の事典(上)』『懐疑論者の事典(下)』は、このWEBサイトを基に作られた書籍版の日本語訳。

原著
The Skeptic's Dictionary: a clollection of strange beliefs, amusing deceptions, and dangerous delusions, Wiley, 2003

日本語版編集委員略歴
小内亨(おない・とおる) 
おない内科クリニック院長。1984年群馬大学医学部卒業、群馬大学医学部第一内科、桐生厚生総合病院内科等の勤務を経て、1991年〜1994年米国ルイジアナ州立大学ペニントン・バイオメディカル・リサーチ・センター留学。その後桐生厚生総合病院内科診療部長を経て2000年6月に群馬県伊勢崎市にておない内科クリニックを開業。現在にいたる。
医学博士、総合内科専門医、糖尿病専門医、産業医、NPO法人日本インターネット医療評議会理事、JAPAN SKEPTICS運営委員。著書に、『危ない健康食品&民間療法の見分け方 それでもあなたは信じますか!』(フットワーク出版社)、『お医者さんも戸惑う健康情報を見抜く』(日経BP社)など。

菊池聡(きくち・さとる) 
信州大学人文学部准教授。1963年埼玉県生まれ、京都大学教育学部卒、京都大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。専門は認知心理学、文化情報論。心理学の観点から、超常現象の実在や血液型などの占いを信じてしまう心を分析し、人が簡単にだまされてしまうメカニズムの解明とその克服法について研究。これらの知見を、日常生活における実践的な「批判的思考(クリティカルシンキング)」の教育に活かすことを目標としている。
著書に、『超常現象をなぜ信じるのか』(講談社)など。訳書に、『クリティカルシンキング 入門篇・実践篇・不思議現象篇』(北大路書房、共訳)。

菊池誠 (きくち・まこと) 
大阪大学サイバーメディアセンター教授。サイバー物理学者。1958年生まれ。青森県出身。東北大学大学院理学研究科博士後期課程修了(理学博士)。大阪大学理学部物理学科助手・助教授を経て、2000年より現職。専門は生物物理、統計力学など。
SF小説の解説や翻訳も行なっている。怪しい話を愛でる「と学会」に参加するも、愛でようにもとても愛でられないニセ科学の蔓延に危機感をおぼえて、ニセ科学を批判する活動を科学者仲間と展開している。著書に、『おかしな科学 みんながはまる、いい話コワい話』(楽工社、共著)、『科学と神秘のあいだ』(筑摩書房)など。訳書に、『ニックとグリマング』(筑摩書房)。

高橋昌一郎 (たかはし・しょういちろう) 
1959年生まれ。ウエスタンミシガン大学数学科および哲学科卒業後、ミシガン大学大学院哲学研究科修士課程修了。東京大学研究生・テンプル大学専任講師・城西国際大学助教授を経て、現在は國學院大學文学部教授。専門は、論理学・哲学。
1991年設立時よりJAPAN SKEPTICS運営委員、現在はJAPAN SKEPTICS副会長・編集委員長。著書に、『理性の限界』(講談社)、『ゲーデルの哲学』(講談社)、『科学哲学のすすめ』(丸善)など。

皆神龍太郎(みなかみ・りゅうたろう) 
ジャーナリスト。擬似科学ウォッチャー。超常現象について懐疑的な視点から調査する組織・JAPAN(Japan Anti-Pseudoscience Activities Network)=通称・超常ウォッチャーズ代表。「超常現象には誰よりも深い愛着を持っていると自負しているが、証拠となるデータに何一つめぐりあえないので、その実在はまったく信じていない」と常々公言している。と学会会員。
著書に、『新・トンデモ超常現象60の真相』(共著)、『UFO学入門 伝説と真相』、『トンデモ フリーメイソン伝説の真相』(共著、以上楽工社)など。

訳者略歴
小久保温(こくぼ・あつし) 
青森大学ソフトウェア情報学部講師。WEBやコンテンツ制作、ソフトウェア開発に関する授業を担当。博士(理学)。1996年、東北大学大学院理学研究科原子核理学専攻博士課程後期3年の課程修了。
日本脱カルト協会、日本物理学会会員。1990年代はじめから自己啓発セミナーなどの心理療法の技術を扱う議論の多い団体の問題を調査。

高橋信夫(たかはし・のぶお) 
翻訳業・著述業。「トンでも吸盤」等の教材開発も手がける。JAPAN SKEPTICS運営委員、仮説実験授業研究会会員。
著書に、『図解・物理のウンチクがたちまち身に付く本』(秀和システム、共著)。

長澤裕(ながさわ・ゆたか) 
1991年早稲田大学大学院を修了、1994年総合研究大学院大学で博士(理学)を取得。その後、日本学術振興会海外特別研究員、シカゴ大学博士研究員などを経て、1997年に大阪大学助手に就任。2007年同准教授。専門は物理化学。
もともと怪奇現象や超常現象に興味はあったが、溶液中の分子ダイナミクスを研究していたため、いわゆる「水商売」や「水伝」関連で懐疑論の世界に入り込み、その後、超能力や陰謀論にも興味を持つ。

福岡洋一(ふくおか・よういち) 
1955年生まれ。大阪大学文学部卒(英語学)。翻訳者。
訳書に、『ビーイング・デジタル』(アスキー)、『「複雑系」を超えて』(アスキー、共訳)、『古代文明の謎はどこまで解けたか T〜V』(太田出版)、『幻想の古代史 (上下)』(楽工社)など。

 

目次
懐疑論者の事典 た行〜わ行 3
Picture Credits 415
参考文献一覧 448
人名索引 463
欧文索引 471

 

内容の一部
(★マークのうしろの数字は、参考文献一覧における参考文献の番号です)
回帰の虚偽 regressive fallacy
サメ軟骨 shark cartilage
自己啓発セミナー Large Group Awareness Training (LGAT)
バイオリズム biorhythms

収録項目
ダイアネティックス Dianetics
体外離脱体験 *体脱体験、幽体離脱 out-of-body experience (OBE)
対照群研究
大数の法則(暗合、偶然の一致) law of truly large numbers (coincidences)
代替医療 “alternative” health practices(AHPs)
第二の視覚 second sight
第六感 sixth sense
ダウジング(水脈探知) *水鉱脈探知、杖占い、棒占い dowsing(water witching)
タキオン、タキオニクス tachyon,takionics
託宣官
多重人格障害 multiple personality disorder(MPD)
タート、チャールズ Tart,Charles
魂(霊) *霊魂 soul(spirit)
タロット・カード *タロー・カード tarot cards
タントラ Tantra

チェーン・レター chain letters
地球外生命(体) extraterrestrials
地球空洞説 *地球空洞論 hollow Earth
地線
チャクラ charkas
チャネリング channeling
チュパカブラ chupacabra
超越瞑想 Transcendental Meditation(TM)
超感覚的知覚
超常(的) *超常現象 paranormal
超心理学 *パラサイコロジー parapsychology
超能力者
超能力探偵 *心霊探偵 psychic detectives(PDs)
直感能力者 *インテュイティヴ、超感覚能力者、超能力者、霊能者 intuitives
チョプラ、ディーパック Chopra,Deepak

ツェルマティズム *ザーマティズム Zermatism
月 moon,the
月効果 *月齢効果 lunar effects
土占い *地卜術、砂占い、点卜術、土占術 geomancy

ジーン・ディクソンとジーン・ディクソン効果 Dixon,Jeane,and the Jeane Dixon effect
デーヴァダーシー devadasi
手占い chiromancy
テキサスの狙撃手の虚偽 *テキサスの狙撃手の誤謬 Texas sharpshooter fallacy
デジャヴ *既視感 deja vu
手相術(手占い) *観掌術、キロマンシー、手相学、手相診断 palmistry (chiromancy)
デーニケン、エーリッヒ・フォン Daniken,Erich von
デヒドロエピアンドロステロン Dehydroepiandrosterone(DHEA)
デポート *物体消滅 deport
テレキネシス *遠隔操作 telekinesis
テレパシー *遠隔交感、遠感、隔感、精神感応 telepathy
テレポーテーション *遠隔移動、瞬間移動 teleportation
天使 *エンジェル、神使 angel
電子音声現象 electronic voice phenomenon(EVP)
電磁場(電磁界) electromagnetic field(EMF)
転生 *生まれ変わり reincarnation
テンセグリティ tensegrity

頭蓋計測 craniometry
頭蓋診察 cranioscopy
頭蓋穿孔 *頭部穿孔、トレパネーション trepanation
頭蓋仙骨療法 craniosacral therapy
透視(第二の視覚) *霊視、遠観術、神通眼、千里眼、第二視、天眼通、透覚 clairvoyance(second sight)
同種療法
透聴 *霊聴、順風耳、天耳通 clairaudience
動物磁気説(術)
トゥルー・ビリーバー・シンドローム *狂信者症候群、信じ込み症候群 true-believer syndrome
特異功能 extraordinary human function(EHF)
ドゴン族とシリウス Dogon and Sirius
トランス書記 trance writing
トリノの聖骸布 shroud of Turin
ドルイド druids
トレパネーション

ナスカの地上絵 *ナスカライン Nazca lines
ナチュラル

二元論 dualism
ニセ科学
入眠状態 *半睡状態 hypnagogic state
尿療法 *飲尿療法、ウロテラピー urine therapy
任意の開始と中止 optional starting and stopping
人相術 *人相学、面相術 physiognomy

ネス湖の怪獣(ネッシー) Loch Ness monster(Nessie)
ネズミ講
念力

ノアの方舟 Noah’s Ark
ノストラダムス、ミシェル Nostradamus,Michel
ノセボ、ノセボ効果 *逆偽薬効果、ノシーボ、ノーシーボ、反偽薬効果 nocebo,nocebo effect
呪い *呪詛 curse

バイオ易経 bio-ching
バイオハーモニクス bioharmonics
バイオリズム biorhythms
バクスター効果 Backster effect
パーソノロジー *人体学、人物学 personology
バックワード・マスキング
バッチの花療法 Bach’s flower therapy
バーナム効果 Barnum effect
ハバード、L・ロン Hubbard L.Ron
バミューダ(魔の)三角海域 Bermuda(or Devil’s) Triangle
鍼 *鍼術、鍼治療 acupuncture
パレイドリア *変像症 pareidolia
バンイップ bunyips
半覚醒状態 *出眠状態 hypnopompic state
反偽薬効果
反射学、反射療法

比較試験 *対照群研究、統制群研究、比較研究 control group study
ヒステリーてんかん hystero-epilepsy
ビッグフット Bigfoot
筆跡学 *手蹟学、筆相術、筆跡診断、筆相学 graphology
ビニル視覚
火の玉
皮膚視覚 *皮膚光知覚 dermo-optical perception(DOP)
百匹目のサル現象 hundredth monkey phenomenon
(ジーン・)ヒューストン博士とミステリースクール Houston,Dr.Jean,and the Mystery School
病的科学 pathological science
ピラミッド解釈学 *ピラミッド学 pyramidiocy
ピラミッド型組織、チェーン・レター、ポンジ型組織 pyramid schemes,chain letters,and Ponzi schemes
ピルトダウン人事件 Piltdown hoax
火渡り firewalking

ファキール fakir
ファシリテーテッド・コミュニケーション facilitated communication(FC)
フィラデルフィア実験 Philadelphia Experiment
風水 feng shui
フェティッシュ
フォアラー効果 *フォア効果 Forer effect
フォート、チャールズ Fort,Charles
フォーラム Forum,the
不可知論 agnosticism
不水食(息食主義) inedia(breatharianism)
腐敗しない死体 incorruptible bodies
ブラヴァツキー、ヘレナ・ペトローヴナ Blavatsky, Helena Petrovna
プラセボ効果 *偽薬効果、プラシーボ効果 placebo effect
プラーナ prana
フーリ *天女 houris
フリッガ十三恐怖症 friggatriskaidekaphobia
フリッツ博士 Fritz,Dr.
フリーメーソン Freemasons
プリンストン工学変則研究所 *プリンストン大学工学(部)特異現象研究プログラム Princeton Engineering Anomalies Research(PEAR)
ブルー・センス blue sense
プレアデス星人 Pleiadians
フロイト、ジークムント Freud,Sigmund
ブロンドローとN線 Blondlot and N-rays

変性意識状態 *意識変容状態、意識の変容状態 altered state of consciousness
変則 *アノマリー、奇現象、特異現象 anomaly
変則認知 anomalous cognition
変則発光現象 anomalous luminous phenomena(ALP)
変則変動 anomalous perturbation
ペンタグラム→五芒星形

法輪功(法輪大法) falun gong(falun dafa)
ホメオパシー *同種療法 homeopathy
ポリグラフ(「嘘発見器」) polygraph(“lie detector”)
ホリスティック医学 holistic medicine
ポルターガイスト(騒霊) poltergeist
ホロコースト否定論 Holocaust denial
ポンジ型組織 Ponzi schemes

埋没費用(損失額)の虚偽 sunk-cost fallacy
マイヤーズ=ブリッグズ・タイプ指標 Myers-Briggs Type Indicator
マインド・コントロール(洗脳) mind control (brainwashing)
魔王
マクロビオティック *正食療法 macrobiotics
魔術 *魔法 magick
魔女 *ウィッチ、巫女 witch
マッサージ療法 massage therapy
マニフェスティング *具現化 manifesting
マハーサマディー *大三昧、大定 mahasamadhi
マーファ・ライト Marfa lights
マーフィー、ブライディ Murphy,Bridey
魔法使い wizard
マラキ・ウア・モルガイル大司教(聖マラキ) Malachy O’Morgair,Bishop (St.Malachy)
マルチ商法 *連鎖販売取引 multilevel marketing (MLM)

未確認動物学 *隠棲動物学 cryptozoology
未確認飛行物体
身代わり victim soul
ミステリー・サークル

無意識の心(潜在意識) unconscious mind(subconscious)
無酸素症 *酸欠、酸素欠乏 anoxia
無神論 atheism
無知に訴える論証 argument to ignorance(argumentum ad ignorantiam)
ムーディ、レイモンド Moody,Raymond

明晰夢 *自覚夢 lucid dreaming
メスメリスム *動物磁気術、動物磁気説 mesmerism
メン・イン・ブラック(MIB)
メンタリスト mentalist

目的論的証明 argument from design
モケレ=ムベンベ(ンベンベ) mokele-mbembe
モーセ症候群 Moses syndrome
モーツァルト効果 Mozart effect

薬草燃料 herbal fuel
厄よけ小物 paratrinket
ヤヌアリウス(聖ジェンナーロ) Januarius(St.Gennaro)

有神論者(有神論) theist(theism)
幽体離脱
幽霊とポルターガイスト ghosts and poltergeists
幽霊屋敷 *お化け屋敷、化物屋敷 haunted houses
雪男
ユニコーン
UFO
夢 dreams
『ユーランシャの書』
ユング、カール Jung,Carl

妖術使 warlock
妖精 *フェアリー fairies
ヨギニ jogini
抑圧された記憶 repressed memory
抑圧された記憶療法 *抑圧記憶療法 repressed memory therapy(RMT)
予言 prophecy
予知 precognition

ラエル、ラエリアンムーヴメント *ラエリアン運動 Rael,Raelians
ラーマ Rama
ラムサ Ramtha
ランディ・チャレンジ Randi Challenge,The
ランドマーク・フォーラム(フォーラム) Landmark Forum (the Forum)

リバース・スピーチ *逆転話法 reverse speech
リフレクソロジー *足ツボマッサージ、反射学、反射療法 reflexology
臨死体験 *近似死体験 near-death experience (NDE)
輪廻 *霊魂移体、霊魂転移、輪廻説、輪廻的観念 metempsychosis

ルイセンコ学説 Lysenkoism
ルーン(ルーネ)文字 runes

霊 spirit
レイキ(霊気) reiki
霊視
霊聴
霊能者
霊媒 medium
レイ・ライン ley lines
レコード視覚 *ビニル視覚 vinyl vision
錬金術 *アルケミー、錬金学、錬丹術 alchemy
レンズ、フレデリック Lenz,Frederick

六芒星形
ロズウェル Roswell
ロッド *スカイフィッシュ rods
ロールシャッハ・テスト Rorschach inkblot test
ロルフィング Rolfing
論点先取り begging the question

ワトソンヴィルの聖母 Watsonville,Our Lady of
ワラック、ジョエル・D、獣医学博士 Wallach,Joel D.,M.S.,D.V.M,N.D.,

ページトップへ    
Copyright (c) Rakkousha, Inc.